チェワ族


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チェワ族

  • 中央アフリカから南アフリカにかけて居住している。
  • 主にザンビア、マラウイ、ジンバブエ、モザンビークに住む民族である。
  • 人口は800万人前後。
  • 人種はコンゴロイド。
  • バントゥー系民族でニジェール・コンゴ語族のバントゥー語群の言語を喋る。
  • 岩絵を画く文化があった。



チェワ族の特徴

  • アフリカ黒人である。
  • 栄養状態から考えれば背が高く、また、非常に筋肉質である。全身の筋肉が発達している。
  • 手足が長く、顔が小さい。頭も小さい。肌は褐色。
  • 顔は丸みがある。
  • 丸い大きな目。
  • 髪質は黒髪で強いカール。
  • 唇は厚い。
  • 血液型はO型62%、A型28%、B型7%、AB型3%。
  • 頭は長頭から中頭。(頭の前後が比較的長い)
  • 農耕民族である。