遺伝子表(世界)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分は遺伝子に詳しくないので解説はできませんが、分かりやすい表なのでここに紹介します。
http://www.scs.illinois.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf

MTDNA Haplogroups(母系)は日本人は中国人(漢族)に近い。
Y Haplogroups(父系)は日本人はチベット人に近い。


Y Haplogroups(父系)

  • R1aR1bI は白人の遺伝子。
  • J地中海人種に多くみられる。なぜかドラヴィダ人にもみられる。
  • ドラヴィダ人の遺伝子“ L ”はインドのところしか表示されていない。古モンゴロイドの遺伝子のひとつらしい。
  • RxR1 はアフリカ・カメルーンに高頻度でみられる。白人の祖先の遺伝子のようだが、肌は褐色のようだ。
  • O はモンゴロイド全体にみられる。
  • Dチベット人と日本人にみられる。
  • A は北米や中南米の先住民が多く持っている遺伝子。ツングースでも多くみられるようだ。
  • Cモンゴル人ポリネシア人、オーストラリアのアボリジニなどで高頻度でみられる。北米の先住民にも多くみられるようだ。
  • バスク人の持っている遺伝子の割合が特殊。 R1b がほとんどで I が少々。ゲルマンやスラヴに高頻度な R1a がまったくみられない。


MTDNA Haplogroups(母系)

  • HU は白人に多くみられる。
  • B はポリネシア人に多くみられる。古モンゴロイド?。