カシミール人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カシミール人

  • インド北部、パキスタン、中国南西部の国境付近に広がる山岳地方のカシミール地方に住む。
  • 宗教はイスラム教徒が多い。イスラム教ではあるが独特な信仰もあり、独自色が強い。
  • 言語はカシミール語。
  • 人口はカシミール語を使う者と定義するならば、2001年調べで550万人。
  • インド・アーリア系の民族である。
  • その他のインドの民族はコチラ。(このページのリンクも含む)


カシミール人の特徴。

  • コーカソイドである。
  • 身長は比較的高いらしい。昔はもっと高かったようだがイギリスやインド、パキスタンなどに占領されることを繰り返しているうちに背が低くなったらしい。
    • これは栄養状態の関係だと思われる。チベット系が多く住んでいる地域もあるため、その影響も否定できない。
  • 肌の色は白い者も多いが意外に褐色も多い。
  • 髪の色は子どもの頃はよく金髪も発生するが、大人は基本は黒髪である。
  • 瞳の色は緑が多いともいわれるが茶色や青色もいる。
  • 血液型はO型43%、A型40%、B型11%、AB型6%。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)


カシミール人の写真。

カシミールの少女。

カシミールの女性。