白人に多い病気 ADHD


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白人に多い病気・障害 「ADHD」

  • Attention deficit hyperactivity disorder
  • ADHD 注意欠陥・多動性障害

発達障害・行動障害の一種である。

約3人に1人の白人男性にその兆候が見られるとの報告もある。
因みに医学的にADHDと診断される北米の男性は7人~10人に1人。
北米の女性は25人に1人前後。
イギリス(イングランド)でも30人に1人の割合で見つかり、スコットランドなどでは、4人に1人という割合で見つかるとの報告もある。

白人の中でも特にケルト人アングロ・サクソンに多く見られるとの報告もある。

また、欧米では金髪にADHDが多いと言われることもあるようです(これは擬似科学ですが)。


コーカソイドとADHD




黒人は70人に1人。
黄色人種は270人に1人。ただし、日本はこれより少し多いと言われている。


米国のADHDの頻度。2007年度調査。
Percent of United States youth 4–17 ever diagnosed with ADHD as of 2007 (CDC)