マラヤーリ人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マラヤーリ人

  • インド南部のケーララ州に多く居住。
  • ドラヴィダ系の民族である。
  • 「マラヤーリ人」という呼称はあまり一般的ではないがここではマラヤーリ人とする。
  • 2007年調査によれば彼らが話すマラヤーラム語の話者は35,893,990人。
  • 世界中に移民している。



マラヤーリ人の特徴

  • 古モンゴロイド、もしくは南方モンゴロイドに属する。オーストラロイド系と混血もしていると考えられる。若しくはオーストラロイドとも考えられる。
  • 身長は低い。
  • 肌の色は黒い。
  • 身長の割には手足は長く、頭は大きい。顔は小さい。
  • 髭、体毛は濃い。
  • 髪の毛は天然パーマが多いがストレートも多い。髪は湿っている。
  • 肌は湿っている者が多い。
  • 目はくっきり二重の大きな目。
  • 目元が窪んでおり非常に彫の深い顔をしている。
  • 唇は厚い。口は大きい。
  • 鼻は大きく丸く短い。
  • 血液型はO型57%、A型34%、B型7%、AB型2%。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)
  • 農耕民や漁民である。
  • 頭の良い民族で知られ、彼らの居住地域であるケーララ州は特に経済、文化、医療などが発展・発達している。
  • また、ケーララ州の最大の都市のコーチ(コーチン)はコーチン・ユダヤ人が多く住んでいた土地でもある。




マラヤーリ人の写真。

女性でもこれだけ彫の深い顔。モンゴロイドとは思えない。やはりタミル人に近いのか?

E. Rajarajeswari author:Thachan.makan
フェミニストの女性の方だそうです。ケーララ州は男女平等だったり社会福祉が進んでいたりするらしいですが。