ベンガル人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベンガル人

  • インドの北東部からバングラデシュまでのベンガル地方を中心に住む。
  • 2011年現在、総人口は3億1000万人前後である。人口が増えつづけている。
  • インド人(インド・アーリア系)の民族である。
  • いわゆるバングラデシュ人であるが、インド北東部にも多く居住し、民族意識も高い。


ベンガル人の特徴。

  • コーカソイドである。モンゴロイドと混血しているものと思われる。
  • 手足は長く指も長い。ズングリとした体型の者も多い。顔は比較的大きい。ただ、縦に短い顔をしている。
  • 身長は比較的高い。ただ低い者も多い。
  • 髪は天然パーマやストレート。
  • 髭・体毛がよく発達している。
  • 二重で大きな目をしている。まつげが長い。
  • 瞳の色は黄土色や茶色。一部、青や緑と様々である。
  • 彫の深い顔をしている。
  • 肌の色は褐色の者が多い。色の白い者も多い。
  • 唇は厚い者が多い。
  • 口は大きい。
  • 筋肉が発達しているが、細身が多い。ただズングリ体型の者も多いのも特徴である。
  • 鼻は大きく高い。
  • 血液型はO型46%、A型34%、B型16%、AB型4%。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)。中頭も多いようだ。(頭の前後が長くも短くもない)。
  • 農耕民である。
  • 非常に頭が良く知能の高い民族と言われるがバングラデシュなどは土地的に恵まれているとは言えない。


ベンガル人の写真。

1909年撮影。ベンガル人の男性。


1858年生まれのインドの物理学者。知的な人が多いベンガル人の典型である。


ベンガル人。