ワンニヤレット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ワンニヤレット

  • スリランカの先住民である。
  • スリランカの山岳地帯に居住している。
  • ヴェッダ人などと呼ばれることもある。(ヴェッダ人の方が通りが良いが差別的意味合いがある為、ここでは避ける。)
  • 人種はオーストラロイドである。
  • 総人口は約2,500人。


ワンニヤレットの特徴。

  • 暑さに強い者が多い。
  • 手足は長くも短くもない。
  • 身長は低い。
  • 髭は濃い。体毛も比較的多い。
  • 髪の毛は強いカールから緩やかな天然パーマまで。 
  • 汗腺が発達している。
  • 女性でも目が窪んでおり、非常に彫の深い顔をしている。
  • 二重で大きな目で、まつげも長い。
  • 唇は厚い。
  • 口は大きい。
  • 鼻は横に広く大きい。
  • 細身だが筋肉が発達している。
  • 血液型はO型59%、A型40%、B型1%。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)
  • 狩猟・採集民である。
  • 小動物の狩に加え、蜂蜜などを採集したりもする。
  • 信仰は死者崇拝。先祖の霊魂を呼び出すことができるとされているカプラーラと呼ばれるシャーマンがいる。


ワンニヤレットの写真。
ワンニヤレットの男性。