パンジャブ人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パンジャブ人(パンジャーブ人)

  • 多くがパキスタンに住む。インド北西部にも多く居住。
  • 分かりやすく言えばパキスタン人であり、パキスタンの主要民族である。
  • インドでは少数民族であるが、インド・パンジャーブ州では主流の民族である。
  • パキスタンのパンジャブ人はイスラム教徒が多い。インドのパンジャブ人はシク教徒が多い。ヒンズー教も多い。
  • 総人口は1億2千万人。
  • その他のインドの民族はコチラ。(このページのリンクも含む)
  • インド・アーリア系の民族である。


パンジャブ人の特徴。

  • コーカソイドである。
  • 身長は高い。インド・パンジャーブ州では185㎝を超える者も少なくない。
  • 非常に筋肉質な民族でもある。
  • 手足は長く、顔は小さい。
  • 肌の色は日焼けしなければ白い。ただ、褐色も多い。
  • 瞳の色は、茶色から緑、また、ごく稀に青までと様々である。
  • 髭、体毛は非常に濃い。
  • 髪の毛は黒髪で天然パーマからストレートまで。髪は湿っている。子どもの頃に金髪が少なからず見られる(メッシュ状)。
  • 肌は湿っている者が多い。
  • まぶたは二重。
  • 唇は厚い。口は大きい。
  • 鼻は高く長い。
  • 血液型はO型44%、A型40%、B型10%、AB型6%。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)
  • 狩猟から農耕へと移行した民族である。
  • 容姿端麗な民族と言われる事がある。
  • 経営者、プロデューサーなどの著名な人物を多数輩出している。


パンジャブ人の写真。

パンジャブ人の男性。

インドのパンジャブ人。カバディというスポーツをやる時の格好らしいです。日本のお相撲さんばりの露出ですね^^
コーカソイドは体毛を処理する文化が昔からあったようですが、彼らも処理しているようですね。

パンジャブ人の男性たち。



パンジャブの少年。
なんかこの写真見て、ほんとにパキスタン人の顔してるなって思った。