パシャイ人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パシャイ人

  • アフガニスタンの東部を中心に住む民族である。
  • ダルド語群の言葉を喋る。パキスタン北部系の語群である。
  • 総人口は約50万人。
  • ペルシャ系民族である。


パシャイ人の特徴。

  • コーカソイドである。
  • 乾燥に強い形質である。
  • 手足は長く指も長い。顔は小さい。
  • 栄養状態を考えれば身長は高い。
  • 髪は天然パーマ、色は子どもの頃は金髪や金髪が黒髪に混じって出ることも多い。大人は黒髪。
  • 髭は濃い。体毛も濃い。
  • 二重で大きな切れ長の目をしている。まつげが長い。
  • 瞳の色は緑や茶色、黄土色、一部、青など様々である。
  • 非常に彫の深い顔をしている。
  • 唇はコーカソイドとしては厚い。薄い者も多い。
  • 口は大きい。
  • 鼻は乾燥に適応して非常に高く長い。
  • 肌は白い。
  • 頭は長頭。(頭の前後が長い)



パシャイ人の写真。

Pashai girl in Afghanistan, wearing distinctive Pashai clothing
Source:Colors  F2ComButton http://commons.wikimedia.org/wiki/User:Odie5533/F2ComButton 
author:Todd Huffman http://www.flickr.com/people/99287245@N00
パシャイ人の女の子。可愛らしいですね^^ 鼻は日焼けですね。また、コーカソイドは皮膚病が多くその可能性もありますね。
コーカソイドは鼻が高いために鼻が日焼けする事が多いそうです。
まぁ、白色人種にとって、強い陽射しにというのは相当キツイと考えられますね。
ちなみにモンゴロイドな自分は一度もヒリヒリするほど鼻を日焼けした事がありません^^