※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


★<愛知県>
●【問合わせ先】:愛知 県 被災地域支援対策本部
被災者受入対策プロジェクトチーム
担当 丹羽・松井
TEL:052-954-6724
愛知県建設部建築担当当局公営住宅課
県栄住宅管理室住宅管理グループ
担当 小久保・太田
内線2818・2819
TEL:052-954-6581
●【制度の概要】:被災地の方。要罹災証明書。
●【募集開始日・期間】:随時。
●【お申込み方法】:原則来訪。応相談
●【対象地域・対象者】:証明書が発行出来る方。
●【費用負担】:光熱費。
●【受入先】:
●【受入件数】:
●【電話確認】:


★<愛知県 瀬戸市教育委員会>
●【問合わせ先】:
瀬戸市教育委員会学校教育課
TEL:0561-88-2763
●【制度の概要】:
生活支援,就学支援,転学受入れ。ホストファミリーによっては,兄弟姉妹の複数受入が可能です。
●【募集開始日・期間】:1学期(夏休み終了まで)
●【お申込み方法】:
●【対象地域・対象者】:
被災した小中学生(保護者の都合で,子どもだけの避難を必要とする場合)
●【費用負担】:
●【受入先】:一般家庭ホストファミリー宅
●【受入件数】:99名
●【電話確認】:6月8日記載


★<愛知県 飛鳥村>
●【問合わせ先】:
飛島村総務課
TEL:0567-52-1231(内線127)
http://www.vill.tobishima.aichi.jp/shincyaku/hinansha_ukeire.html
●【制度の概要】:
被災した中学生を学校ごと1校(生徒・教職員,1学年1学級,最大75人程度の学校規模)
1.期間(避難期間):1年間
2.対象者:
同一中学校を単位とした、中学1年生25名前後
中学2年生25名前後、中学3年生25名前後の総計75名前後と先生
(先生は対象生徒の担任か同一学校の先生を望みます。)
3.内容:
(1)避難希望者を被災現地まで飛島村から直接バスにて迎えに向います。
(2)村の旧中学校校舎を宿泊施設として提供します。(光熱水費は村が負担)
●【募集開始日・期間】:1年間
●【お申込み方法】:
●【対象地域・対象者】:
●【費用負担】:
送迎支援,滞在費支援学用品等支援
●【受入先】:
施設滞在・学校機能提供型旧中学校校舎
●【受入件数】:75名
●【電話確認】:6月8日記載


携帯の方はここまでです。

一覧に戻る