※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

屋敷の料理人。ヴァンパイアと狼男のMIX。母がヴァンパイア・父が狼男である。兄弟は1人、兄がいる。(現在は、全員音信不通)
身長180㎝ 体重64㎏ 年齢は100歳程度(見た目は20歳くらい) W2V 誕生日は8月10日
顔はドイツ寄りで、髪は濃い茶髪、瞳は金色。ヴァンパイアの血は入っているが、血液を摂取することはない。

料理とピアノを得意としており、かなりのヘビースモーカー。普通の人と比べると異常な程の喫煙量だが、V2Wの特性である
丈夫で病気にかかりにくい身体のおかげで病気になることはない。
料理意外は何もできない不器用。他の仕事をしようとすると必ず失敗する為、料理以外のことは何もさせてもらえない。

性格は、いい意味で大らか。悪く言えば、大雑把。調理方法や味付けなども適当なので、レシピ通りには作れない。
だが、決して不味くはならないので誰も文句をいうことはない。細かく分量などを量るお菓子作りなどは苦手で、自分から作ることはない。
仕事以外の時間はフラフラと街に出て、食べ歩きをしたり、庭で昼寝をしたり、割と自由な多い。寝たばこをして、服を焦がした経験もある。

狼男の性質上、実はかなり身軽であり、体力もある。お屋敷のメンバーではロウだけがそのことを知っている。

【過去】
屋敷に来る前はチェリッシュである組織に属し、用心棒のようなことをしていた。
依頼でとある屋敷の娘を護衛することをなる。娘は盲目で世間との接触があまりなく、家での生活が全てだった。
外界との交わりを絶ってはいたが、娘は明るく自分の障害について落ち込むこともなく、活発な少女であった。
だが、何かの事件が起き、屋敷の主人が変死を遂げる。真っ先に、屋敷にいた異端であるサイモンが疑われる。
だが娘の庇護があり、その場の判断ではなく、全権は王への判断に切り替わることとなった。
事実確認の結果、サイモンの申告通り無罪であることは明らかになったが、再び同じ環境に戻ることはできないと告げられる。
シロの王とクロの王の話し合いの元、クロの世界に身を置くこととなったが、己の状況に対して、酷く落ち込み、塞込む日々を送る。
しばらくは、危険視され街で暮らすこともできず、王の城で下働きとして身を落ち着けることとなる。

毎年恒例の会食時、幼いロウに会い、短い時間でありながら会話をしたことをきっかけとして、徐々に自分を取り戻していくこととなる。
不器用ながらも仕事をこなしている中で、”料理”に興味を持ち楽しさを知っていく。
再び行われた会食時、ロウと再会し近況を話す内に、お屋敷に来ないかと呼びこまれた。
腕前やロウとの対面経験があることを見込まれて、ロウたちの住んでいる屋敷で料理人として働くことに。

【恋愛】
現在進行形で、フィルリアに心を傾けている節がある。だが気持ちを告げてはいなので、まだ何も進展はしていない。
それっぽいことをほのめかしたり、笑顔を見せたりしているのだが、フィルリア自身がかなり鈍感な為、直接伝えないと何も始まらないことは予測される。哀れ。