蛋白質工学研究室wiki

培地


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



【培地の組成】
LB (ml) 1000ml
Tripton-Pepton  10g
Yeast Extract    5g
NaCl             5g
2N NaOH        500ul

YT (ml) 1000ml
Tripton-Pepton   8g
Yeast Extract    5g
NaCl             5g
2N NaOH        500ul

2*YT 1000ml
Tripton-Pepton   16g
Yeast Extract    10g
NaCl              5g
2N NaOH         500ul

寒天培地 1000ml
Bacto Agar       15g

1%Glucose培地 1000ml
  2M Glucose       27.8ml
  20%Glucose         50ml




【LBA寒天培地プレートの作製】
★ アンピシリン耐性のLB寒天培地プレートを作製する
Bacto trypton    6 g
Yeast extract  3 g
NaCl        3 g
5N NaOH    120 ul
ミリQで600 mlまでメスアップ(スターラーバー入りの三角フラスコに移す)
   ↓
Agar Powder 9 gを加える
   ↓
オートクレーブ
   ↓
手で触れる温度くらいまで冷ました後Ampicilin(100 mg/ml) 600 ulを加えて撹拌
(グルコースを入れる場合もこのタイミング。通常1%)
   ↓
プレートにデカントで分注
   ↓
乾燥するまでベンチ内に静置(クリーンベンチのUVはオフにしておく)
   ↓
4℃で保存






【SOB液体培地の作製】

 Bacto trypton		1.6 g
 Bacto yeast extract	0.4 g
 NaCl			0.04 g
 250 mM KCl		800 ul
 2 N NaOH		40 ul
		
milliQで80 mlにメスアップし、オートクレーブ。
使用直前に、以下の試薬を無菌的に加える。

 1 M MgCl2		800 ul
 1 M MgSO4		800 ul





【SOC液体培地の作製】
培地の調製
Bacto trypton       2 g
Yeast extract        0.5 g
NaCl         0.05 g
5N NaOH             20 ul
ミリQで100 mlまでメスアップ(三角フラスコに移す)
   ↓
オートクレーブ

手で触れる温度くらいまで冷ました後、以下の試薬を無菌的に加える
1M MgCl2          1 ml
1M MgSO4             1 ml
2M Glucose        1 ml

ベンチ内でエッペンに1 mlずつ分注。-80℃にて保存。

更新履歴


最終更新日時:

0000-00-00 00:00:00


取得中です。