情報源が偏っていると指摘されているため なにか中立的な観点からの情報あるかた編集お待ちしています
名前: 直江包囲網・第二幕
時期: 2018年5月29日~2018年5月30日
関連人物: 李信、水素、氷河期、星屑、セール

「直江包囲網・第二幕」とは?


直江包囲網から凡そ一か月半が経過する。
それでも10年以上ポケガイに居座り続けた、ポケガイの王たるちょくえの話題には尽きる事が無かった。
もっとも、その話題はいつも通りのちょくえ弄りの話題となっているが、ここまではいつもの日常であろう。

ちょくえは卑怯者 というスレはその中でも100レスを超える勢いで進行、ちょくえの事をよく思ってない住民が交流の場として和気藹々としてした。
さらには彼の守銭奴っぷりが明らかになっていき、 入間レート という言葉まで生まれ爆笑の渦を引き起こした。

そんな中で2018年5月29日に、ポケガイの王は再びポケガイに姿を見せる事となった。

1.ちょくえ再臨。再び行われる激闘。


ちょくえは再臨した。
スレッド名は 昨日久しぶりにツイキャス配信してから久しぶりにポケガイ見た
実はこの前日にかっしーがちょくえがツイキャスやっていると言うスレを立ててしまいその配信にポケガイ民を呼び寄せてしまったのだ。
もっとも、王の性格上、10年以上居座っていたポケガイを見ていない訳がないと思われるのだが、そんなことは些細な問題なのである。
何と彼はスレッドを立てて水素氷河期星屑と言った元スカイプ会議のメンバーに宣戦布告したのだ。

当然の事ながら、完全にちょくえ叩きのムードで進行されステハン含む反ちょくえ派からボコボコに叩かれる結果となる。

2.スカイプ会議を提案する王。しかし…


同日、ちょくえが スレ を立てる。
どうやらスカイプの通話で話を付けたいらしいが、彼のいい加減な裁量のせいで人々はそれを飲むことは永遠に無かった。
この件に対して「解決」すると発言しておきながらレスバトルを続け、
「もう来たくない」「解決したら消える」とゴネて迷惑を掛ける誠意の皆無により誰一人彼の言葉に耳を傾けなかったのだ。
しびれを切らしたちょくえは水素とレスバトルを結局続けることになる。この時点でちょくえは愚策を取っていたと言えるだろう。

さらにスカイプに行く環境が整っていない、もしくはスケジュールに余裕の無い相手に「逃げている」と言って全く配慮していない為、反ちょくえ派を呆れさせた。

3.早すぎる決着。逃走するポケガイの王。


5月30日。日付が変わってもなお彼の意志は変わらなかった。
午前中からご機嫌斜めの態度で人に突っかかり、それが仇となって水素達に絡まれる事となる。

そして同日昼。ちょくえは 此処らが潮時だな というスレを立てる。
結局ちょくえは何も成し遂げる事なく、ポケガイを去る事となる。
こうして彼のポケガイ歴に新たな1ページが刻まれる事となったが、その結果さらにおもちゃとして扱われる事となったのは言うまでもない。

余談だが二代目ちょくえ候補の軍師こと今乃上はこの件で一気に風化。
オワコンワキガ扱いされる事となった。


「直江包囲網・第二幕」に関するリンク


「直江包囲網・第二幕」に関する情報/コメント


名前:
コメント: