名前:ルチア
履歴:白滝
迷言:「二秒で散れ^-^」


「ルチア」とは?


ルチア(伊:Lucia,1996年4月-)はSPICAの創設者・元会長。論厨で「劣化まさっち」の異名を持つ。また、幻影の支部組織幻滅の元代表、白滝でもある。

森ガイでの活動


出自

2009年10月、おいでよどうぶつの森攻略ガイド(現、とびだせどうぶつの森攻略ガイド)の村メロ広場にて、ゲームの攻略目的で最初の書き込みをする。(当時は別のハンドルネームを使用)ここでネット掲示板の魅力に惹き込まれ、数ヵ月後、さらに多くのユーザーが集まる同サイト内のおはなし掲示板へと活動の場を移した。また、これに伴いハンドルネームを変えている。

おはなし掲示板に移住してから数ヶ月は、女性住民と雑談ばかりしていたが、徐々に組織スレに興味を抱くようになる。

幻惑

2010年1月、中二病真っ盛りのルチアは、幻影代表HostSamurai(現、ホッサム)に懇願し、幻影の支部組織幻惑の設立許可を得る。あえて支部組織としての発足を選んだのは、当時のルチアの知名度がかなり低く、単に組織を立ち上げただけではメンバーが集まらないだろうと考えていたからである。また、幻影の支部に入ることで、幻影からのメンバー流入やHostSamuraiやまさよんなどの実力者のバックアップを狙った。結果的に、会員の半数は幻影のメンバーで占められ、さらにHostSamuraiを幻惑の重役に置くことに成功し、森ガイにおける幻惑の地位は確立された。ただし、ルチアによるまさよんへの幻惑入会交渉は失敗に終わっている。のちに、SPICAの初期メンバーとなるぱしろへんだすもこのとき幻影から流入した幻惑会員の一人である。

2010年2月、論争組織として本格的に活動を開始しようとしていたころ、幻惑スレにてルチアはあるステハンと口論になるが、呆気無く、完全に論破されてしまう。その後、このステハンは幻影と友好関係にあった組織PTAのメンバーであったことが判明し、代表ルチアの力不足を理由に幻惑はPTAの排撃の的になる。一時、幻影はPTAに計画を中止するよう求めるが、PTAはそれを聞き入れず、最終的に幻惑は解散へと追い込まれた。

当時高校生(?)であったPTAに対し、ルチアはまだ中学生であり、力の差は圧倒的であった。PTAの大人気ない攻撃に、解散を余儀なくされたルチアはこのあと森ガイに顔を出さなくなった。

ポケガイでの活動


2010年秋、北極狐としてポケモンDP攻略ガイドで活動を始め、HKO荒喧に所属し雑談をしていた。しかし未だ、組織に対する関心は冷めていなかった。

2010年12月、BW攻略ガイドでヒノマル帝国を創設したが、同月中に解散している。

SPICAでの活動


設立

2011年1月11日、ハンドルネームをルチアに変え、ポケガイおはなし掲示板にて「組織作る」というスレを立てる。それにただ一人賛同したのがオルトロスである。このスレで2人は意気投合し、同一人物ではないか、という疑惑すら起こる。

2011年2月1日、SPICAを設立。発案者のルチアが会長、オルトロスを副長として活動をスタートした。その後、ぱしろへんだすも参画し、以降この3人が主動で活動を展開していく。

活動初期

SPICAは荒らし組織であり、ネット上の荒らし組織のコミュニティーの中でも地盤を築く必要があった。そのため、当時羽振りをきかせていた荒らし組織極悪一家との支部協定を結び、幻惑の時と同様、極悪一家のメンバーの流入と極悪一家会長の庇護を受ける。さおりんもこのとき流入した。つづいて、ポケガイでの地盤を安定させるため、BWガイドで活動を再開していたPTAとの支部協定を結んだ。ルチアはPTAの強さを身をもって実感していたため、あえてPTAの傘下に入ったのである。こうして、荒らし組織コミュニティー、ポケガイの両方で基礎を築き本格的な活動が始まる。

ところが3月に入り、オルトロスが代表を務める四次元党のHPが幻影によってパスクラされてしまう事件が発生(四次元党解体事件)。これによりSPICAは幻影に対し恨みを持つようになる。また、同月ルチアが仮卒を宣言。その後JTO戦争勃発までの数週間顔を出さなかった。

第三次JTO戦争

SPICAの名を上げるための最初の標的となったのは、以前からオルトロスが嫌っていたポケガイ住民星屑である。この抗争がHostSamurai(幻影)とSPICAとSPICAメンバーの水素(JTO)の戦争に発展した(第三次JTO戦争)。ルチアは着々とSPICAの活性化に励行する一方、SPICAの諜報活動の一環として、森ガイにおいて白滝というハンドルネームで幻影の支部組織幻滅を立ち上げていた。(ちなみにSPICAメンバーは多くのコテを持っている。)そのためルチアはJTO側の陣営にいながら、白滝という名で幻影側に所属するJTO側のスパイとして暗躍し、この結果一時JTOは優勢になった。ところが戦局はHostSamuraiと水素の一対一に持ち込まれ、最終的に水素が降伏し、幻影の勝利に終わった。SPICAの幻影に対する恨みは増す一方、ルチアはHostSamuraiからの信頼を一気に失った。

対WHS

幻影に敗北したJTOに比べ、SPICAはそれほど大きな傷を負っていなかった。そのため戦争の直後にかっしー率いるWHSを、友好宣言を発表しているにもかかわらず攻撃を仕掛けた。結果、かっしーがSPICAへ入会。このあと、かっしーはSPICAの発展に大きく寄与する。

ルチア追放

オルトロス、ぱしろへんだすが中心となりルチアはSPICAから追放された。オルトロスがルチアに不信感を抱きはじめていたのが原因である。このあと会長はオルトロスが務めた。

約一ヵ月後の7月2日にルチアは復帰している。

対幻影

7月下旬、ついにSPICAと幻影の戦争が計画される。オルトロスは幻影に対しかなり恨みを持っていたため大きな戦争になると予想していたが、開戦寸前になってオルトロスとHostSamuraiが和解。さらにHostSamuraiがSPICAへ入会した。

対ちら☆りずむ

SPICAの支部組織ちら☆りずむ代表さおりんに対するのSPICAメンバーの不満が爆発。掲示板をパスクラするなどしてちら☆りずむを壊滅させた。

その後

かっしーが自ら掲示板を作成するなどして盛り上がりを見せたが、あまり目立った活動をしなくなり、SPICAは過疎化の一途を辿っている。

人物


  • SPICA馬鹿2柱の一人で最高神
  • 自称有能
  • 未開の山奥に住む田舎者
  • 学力は高く、知識量が多い
  • しばしば論争を仕掛けるのを好む論厨
  • 論力はそこそこあるのだが、ときどき迷言を残し逃亡する馬鹿
  • 自分の考えこそが真理であると信じている馬鹿
  • SPICA内での立場は追放事件以降急降下し、現在はSPICAのサンドバック的役割を果たす
  • 荒らし組織流楼との抗争の際、「質疑に対する回答は義務」という無茶苦茶なレスをしてソースを求められ逃走
  • その後馬鹿を直すこともせず、捨て半で論争を挑んできたが、早々に見破られ叩かれまくって再び逃走
  • 謝罪スレを立てた後流楼民の「しね」に見送られ二度と書きこむことはなかった
  • 蟹中にぱしろへんだすにお荷物扱いされる
  • 名前の由来はイタリアの守護聖女ルチアで、本来女性の名前である

「ルチア」に関するリンク



「ルチア」に関する情報/コメント


  • 死ね -- ぱしろ (2014-02-03 23:45:07)
  • るちあナツイwww -- さおりん (2014-10-12 03:55:32)
名前:
コメント: