※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

the golden song

発売日 2007年10月24日
ノリアキ

ひとり待つ夜の真ん中で
アップダウンのない坂が続いてる
中途半端に孤独なエヴリデイ
グッとプライドを堪えて笑ってた
do want you can
ベストなんてもうとっくに尽くしきって参ってるんだぜ
ありがたくもないアドバイスをどうも
だけど当てもなく暮らしている
交差点のバス停の
消えかかったライトに伸ばす手を
虫みたいに丑三つ時に
真っ暗な歩道 覚醒するフロウ
ずっと前に聴いたソウルみたいなsong
12月の夜に聞くような裸の言葉

虚しさを抱えて歩く帰り道
月の裏側に潜んでた
美しく蒼いメロディー
きっと君にも聴こえてるはずさ

あの子は言ってた ふっと悲しい笑顔で言ってた
私は唄を忘れた金糸雀
どこに浮かべたって何も思い出せない
rainy day  いつの間に降り始めてる雨を気にもせず
sing along a long wrong song
ぼくの歌はすべてきみに捧げる歌だぜ
夕暮れも 明後日も ひどくされても
ためらうことなく水辺の花火を足で消されても
きっとどこかで泣いてる彼女の涙は気づかない
スイッチオンで点火 my偉大なsong
ネズミ色の空に響くアルペジオと詩

いつの日か君に届けたい
空の雲の切れ間を探して
淀みなく流れ出るこのメロディーを
It's my golden song

いま僕の心は宇宙を越えていく
何か言いたくなるんだ
記憶の中 ふさわしい台詞を
見た事あるような風景
すれ違っただけの人たち
塞ぎこんで見ていたTV
心を巡る様々な葛藤
誰もが語るともなく
孤独の痛みを背負って
鏡の中の自分を見てる

いつの日か君に届けるさ
空の雲の切れ間を探して
淀みなく流れ出るこのメロディーを
It's my golden song

あのころの僕にも届くはずさ
時計は動き始めてるから
昨日と明日の間に鳴り響け
It's my golden song

Please believe in the music don't you cry any more
(意味の無い悩みを抱いていつも固まってた)
they will never leaving you alone when you are down and out
もうこれ以上泣かないで
(暗がりにある灯りに気づかずに歩いてた)
思い出すのさ あのgolden song
(noboby loves you when you say)

いつの日か君に届けるさ
空の雲の切れ間を探して
(『noboby loves me when I down and out』)
淀みなく流れ出てくるよ
it's never ending golden song
流星の流れ落ちる先へと走り出すよ
いまは言いたくないんだ
感じている新しい夜明けを





関連動画
「the golden song」


関連項目
ノリアキ