※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2chスレから適当に転載
  •  【これから電凸される方へ】
そろそろ苦情の焦点を“風評被害”に切り替えてはいかがでしょう?
市窓口ではガレキの安全性に対する受け答えのマニュアルは出来つつあり、話が進展しません。
実際、市の風評被害に対する認識は薄く、軽視しているようです。
これに対する実害は市では到底把握できないだろうし、防ごうと思えば廃棄物を持ってくる事自体を中止せざるを得ない。
「廃棄物を持ってきたことで発生するであろう風評被害はどうやって補償するのか」 「汚染された市というイメージをどう払拭するのか」
これらの質問には答えを窮するはずです。

  • 電凸の最後に
「今日は御時間割いて下さってありがとうございました。
担当して下さった方のお名前をフルネームでお伺いしたいのですが。」
と丁寧に聞くのがいいよ。
担当者の名前を聞きたかったら。
漢字も教えてもらうのがよろし。

  • 神奈川県(知事)に次のような質問をしてみるといいかも。
Q川崎で放射能汚染されたがれきが焼却処理されるのではという不安を有する市民が多数いるのはご承知か?
Qところで、ダイオキシンの場合、ダイオキシン法によると、排出ガスや排出水による汚染状況を監視するのは、
都道府県知事とされているが、きちんと監視してくれてますよね。
Q同様に、地方公共団体の焼却炉から「放射性物質」が排出され、地域が汚染されてしまう可能性があるとき、
都道府県知事は、その汚染状況の監視すべきですよね? 監視してください。
Qまた、ダイオキシン法22条では、都道府県知事は、排出者が、排出基準に適合しない排出ガス又は排出水を継
 続して排出するおそれがあると認めるときは、その者に対し使用停止や改善命令をすることになっていますが、
 市町村の焼却炉から放射性物質が排出されたら、即座に使用停止を命じてくれますね?
Q要するに、法律も知らなそうな川崎市の市長をよくよく指導して欲しいわけですよ。たのんます。


  • 流れが速すぎるからいいか、要点だけ言っておく
『市長への手紙』は無意味だ。アレ、実際は市長はほとんど見ない
回答はそれぞれの部署が対応して、返答の署名が市長になるだけ
電話もコールセンター(外部委託)が取り次ぐし、秘書課に電話しても無駄。絶対取り次がれない
有効な手段は、
1.各市議会議員へそれぞれ直接抗議
2.マスコミへのタレこみ
3.各企業へのタレこみ(特に浮島処分場の方にある臨海部、東芝もあり)
4.法制に乗っ取ったリコール・差し止め請求
5.とにかく市内在住者に触れ回って拡散

  (町内会連絡網等が利用できればかなり有効、燐家・仕事仲間で話題にするのでもいい)
電話やメールで市長に~はやっても無駄。せいぜい件数が報告されるだけ
集団で直接市役所庁舎に乗り込むぐらいじゃないとマジで効き目ない
俺はとりあえず家族・知人に拡散しまくる

  • 俺も川崎市じゃないが地方公務員なのでよくわかる。まさにそのとおり。
役人への電凸はあまり意味ない。役人は上司の命令に従うだけで、市民の意見を聞く気はない。
議員相手の凸が効果的。
役人が一番嫌がるのは、議員からの苦情だから。


+ 4月15日


+ 4月14日


+ 4月13日


+ 4月12日