※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

よくある質問と答え

 

Q1. 花を作る紙は専用のものでなくてもいいですか?

A1. はい、大丈夫です。

折り紙の代りに上質紙(コピー用紙)を正方形に切ったもの、

お花紙の代りに半紙などを使っても。多少勝手が悪いかも知れませんが……。

補足:障子紙や、ラッピングで使われるふわふわの紙を輪ゴムでまとめたりしても、花に見えます。

 

Q2. お花は広げた状態で送るのですか?

A2. かさばるのであまり合理的ではありませんが、先方で広げる手間を考えると箱にふわふわに入れて送ってください。

補足:つなげるつながる委員会に送る場合は広げて。東京の一時預かりにはたたんだ状態でもOK。

補足2:ポンポン型の場合、広げた後つぼみのようにすぼめて袋詰めしておくと、圧縮できますし、後で広げやすいです。

こんな感じ→

 

Q3. 化粧品は完全に未使用でなくてはいけませんか?

A3. たとえばファンデーション等、1〜2回使ってお蔵入り、的な

ほとんど使用感のないものであれば可能かと思われます。

その旨分かるようにしておいていただければ、仕分けの段階で考慮します。

 

Q4. 花を折る紙は白限定ですか? 紙以外の材料で気をつける点はありますか?

A4. 金・銀以外なら色紙でも大丈夫だそうです。(葬儀屋さんに確認済み)

また、針金や、樹脂などの熱で溶けてくっつくような素材は使わないようにお願いいたします。

補足:輪ゴムはOKです!

 

Q5. 赤やピンクなどの明るい色も、使える場所があるかしら?避けた方がいいのかしら?

現地で判断してもらえそうですか?

A4,これも葬儀屋さんに確認済みですが、OKです。ご家族は故人の好きな色で入れたい場合もあります。きれいな模様の和紙などもいいですね! お子さんの犠牲者もいますので、キャラクター物も良いと思います。

 

Q6,メッセージを添えてもいいですか?

A6,OKです。喜ばれます。ただし、返事は期待しないでください。

 

Q7,花は折れませんが、協力できることはありますか?

A7,はい、紙の提供は歓迎です。和紙などは15㎝ 角程度(小さくてもOK)に切っていただけるとありがたいです。

東京→現地への送料の寄付も歓迎です。

 千羽鶴用の鶴歓迎です。(7,5cmの紙で折ってください)100羽で一連。 ある程度の単位で紐を通していただければ助かります。 

 

Q8,使い捨て手袋はプラスチック製、パウダーフリーでないとダメですか?

A8,ご家族と処置をされる際に、粉が洋服についてしまうのを防ぐ配慮からのようです。
ただ、使い捨て手袋は、他の事でも使えますので、どんなタイプでも歓迎します。

 

Q9,紙のお花や千羽鶴はごみを送るようで賛成できません。

A9,私たちは現地のニーズのないものは、一切お送りしません。
現在、生花の流通が悪く、納棺する際に入れるお花が不足しています。
身元確認出来ないまま埋葬されるご遺体は、着ていた衣類は身元確認用に脱がされています。
通常、納棺の際にはお気に入りの服を着せてあげ、故人の大好きなものを入れた後、沢山のお花を入れて、お棺の蓋をします。
今回、その全てが叶わない方が沢山いらっしゃいます。
そこで、せめて紙のお花であっても、お棺を一杯にして差し上げてお送りしたいというのがコンセプトです。
ご遺体と一緒に火葬されるので、ごみにはなりません。
生花が流通されるようになれば、終了です。