大江家災害対策本部@ ウィキ

放射線関連(A)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放射線物質が放出された場合の対応策

空気に乗って飛散します、物質が肌についたり、呼吸食料などで体内に取り込まれると長期間の被爆の可能性がありますので、それらを避けて下さい。

•すぐ屋内に入る、窓を閉め換気扇も止めてください。
•避難中で屋外にいる人も、すぐ屋内に入ってください。
•外にいなければならない時は、肌の露出を抑える、水に濡らしたタオルなどを口鼻に当てる。
•10km圏外の人も念のため、屋内に入るようすすめる。


(放射線の影響について)


  • 現在進行形で東京大学理学系研究科の教授が今回の事件について応えてくれている

  • 分かりやすい被ばくの解説

  • 放射線の人体への影響図説

  • 原発の実情
平井憲夫氏の文章がわかりやすい。20年間原発で働き、現場監督などを勤めたが、被ばくによる癌のため1997年1月逝去。何故立て続けに事故が、それも燃料から目を離すなどの不注意による事故が起きたのか、これを読めば分かるよう書かれてある。http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

  • チェルノブイリの避難圏内と放射線濃度の情報




24h放射線測定

    1000nGy/h=800nSv/h=0.8μSv/h=0.0008mSv/h
    1mSv=1000μSv

更新履歴

取得中です。

東電公式ツイッター

ERROR: このプラグインのサポートが終了しました。twitter_widget_profile2プラグインをご利用ください。