JASRACとの対話篇3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JASRACからの著作権料の支払いが必要になる場合についての説明

JASRACとの対話篇2の翌日の会話

電「自分なりに調べてみたのですが、
神奈川フィルハーモニー管弦楽団がボランティアコンサートで演奏した際に
ジャスラックさんに楽曲の著作権料を請求されている様ですが」
ジ「あの件は今回と若干性質が違いまして、
今回の件と同じものとは考えていない今回の件ですが、
非営利で、入場無料で無報酬でやられるライブですよね。
ただ、事前に告知があって、募金を募る形でツイッター上で集められて、
代々木公園でやれれたライブなんですよね?」
電「そうです」
ジ「現状では、募金をする際には、
用件として事前にお金を集めるということを告知してライブを開きます、
募金の前段階としてお金を集めるであれば手続きが必要になります。

※チャリティーライブの際にはジャスラックへの事前告知が必要であるが、主催者側は怠っている
※うさはTwitter上で前日から今回のライブについて宣伝をしている。

現在、こういったこと(地震の件)がありましてチャリティーライブの声を多く頂いておりまして、
これらの場合は募金額を赤十字社など然るべき団体に全額寄付をする、
また経費が発生する場合、今回の場合は公園なので必要ないのかもしれませんが、
経費額を差し引いた全額を寄付する場合は実際の著作権料自体は免除する方向で
現在取り扱いを整理しております」
電「事前に告知をしてということですが、
告知なしで(ライブが)始まってからTwitterや携帯電話などで告知をした
場合はどうなるのでしょうか?」
ジ「実態を見てということになりますが、
基本的には事前に告知していたとは言えないののかな、と思います」
電「事前告知がない場合はどうなるのでしょうか?」
ジ「事前告知がないということは、
(チャリティーとして)お金を集めることを最初から前提としていない音楽の提供ですから、
非営利で無報酬で入場が無料で音楽の対価が無い場合は手続きが必要ない利用になります」
電「ありがとうございました」
ジ「また何かありましたらご相談ください」
電「よろしくお願いします」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。