※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[名前]三田村晴彦
[出典]仮面ライダーTHE FIRST
[性別]男性
[年齢]20歳前後
[一人称]僕
[二人称]あんた、君

病院に入院していても誰もお見舞いに来ないことで自殺を図った少年。
同じ病院で入院する原田美代子との出会いで少しずつ明るくなってゆく。
だが、原田美代子の病気を治せるという謎の男(実はショッカーのスパイダー)に連れられて、裏切り者の抹殺を使命とする改造人間「コブラ」に改造されてしまう。
その後、スネーク(原田美代子)と共に、ホッパー(本郷猛)、ホッパー2(一文字隼人)の抹殺を目論むが、2人に逃げられ、さらに、ショッカー基地内に攻め込んできたダブルライダーを圧倒するも、ホッパー1のライダーキックで絶命する。
恐らく、ショッカーが『恋人同士の絆』に目をつけて、そのコンビネーションを利用しようとした改造人間。
最期には、自分が植えた花(ガーベラ)を見て、脳改造が解けたようだ。

[能力]
最初は小柄で病弱な少年だったが、コブラに変身してからは屈強で大柄。右手を蛇のように動かす
拳法を使う。

[性格]
身寄りもなく友達が少なかったのか、見舞いには誰も来ず、すぐに自殺を図ろうとするなど精神面では非常に弱い。
構って貰いたいような態度をとりながらも、同じ重病人の美代子が作った弁当をその場で捨てたりと、自暴自棄に加えて卑屈だった。
しかし、彼女と触れ合ってからは次第に優しさが芽生え、共にガーベラの花の種を植える。
|