※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[名前]巴マミ(ともえ まみ)
[声優]水橋かおり
[性別]女性
[年齢]14歳~15歳(中学三年生)
[外見]金髪に縦ロール。あと中学三年生とは思えない巨乳
[一人称/二人称] 私/あなた、○○さん
[関連人物への呼称]
暁美ほむら → 暁美さん
佐倉杏子 → 佐倉さん
呉キリカ → 呉さん、呉キリカ
美国織莉子 → 美国織莉子


見滝原中学校に通う中学三年生。
ストーリー開始の数年前、交通事故により死の淵を彷徨っていた際に出会ったキュゥべえに「助けて」と願い、契約し命を繋いだ魔法少女である。
両親は上記の事故により他界しており、一人暮らし。親戚も遠い外縁しかいない。
状況が状況であったが故に、仕方がなかったとはいえ、契約によって叶えられる願いを考える余地がなかったことに少なからず心残りがある。
長年魔女との戦いを切り抜けてきたベテランで、物語の舞台である見滝原市一帯を管理している。
鹿目まどかと美樹さやかとは、二人が使い魔に襲われていたところを助けたことがきっかけに知り合い、魔法少女としての戦いや心構え、そして、その末路を教授していく。
まどかが魔法少女として一緒に戦うと約束してくれた際は、涙を流すほど喜んでいたが、それによって生まれた油断と慢心が原因で魔女に喰い殺されてしまった。
暁美ほむらが巡ったループ世界では、どの世界においても先輩魔法少女としてまどかと共に戦っていたが、いずれも最後は死亡している。
特に、さやかが魔女と化してしまったループ世界では、「魔法少女はやがて魔女になる」という事実を知ったことに加えて、自身が「友達」と言うほど信頼していたキュゥべえに裏切られたという事実と、さやかを魔法少女に誘ったことで結果的に彼女を破滅させてしまったという自責から、他の魔法少女たちを巻き込んで無理心中を計るなど、上述した彼女の精神面の弱さを見せつけることになった。
ちなみに、上記ループ世界では、佐倉杏子を殺害した直後、まどかによってソウルジェムを砕かれ、死亡する。


[性格]
優しく冷静で、大人びた雰囲気を持ち判断力にも長ける。
しかし、内面では頼れる人がいない魔女との戦いに孤独を感じており、精神的に脆いところがある。
どれくらい脆いかと言うと、おりこマギカで千歳ゆまにスカートをめくられただけでマジ泣きしてしまったほど。
|