※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[名前]暁美ほむら(あけみ ほむら)
[声優]斎藤千和
[性別]女性
[年齢]13~14歳
[外見]黒髪を腰の先まで伸ばしており、頭にはカチューシャを付けている
[一人称/二人称]私/あなた、お前、名前を知っている相手は基本的にフルネームで呼ぶ
[関連人物への呼称]
鹿目まどか → 鹿目まどか、まどか、鹿目さん(第10話)
美樹さやか → 美樹さやか、美樹さん(第10話)
佐倉杏子 → 佐倉杏子、杏子
巴マミ → 巴マミ、巴さん(第10話)


[略歴]
鹿目まどかのクラスへある日突然転校してきた魔法少女。容姿端麗・学業優秀・スポーツ万能という優等生。
寡黙でクールな性格に加え、まどかに対して謎めいた警告と助言を繰り返すことから、何を考えているのか周囲の人物からは理解されていない。
その正体は、ストーリー開始時点とは異なる未来の時間軸から来た、まどかの親友。元々の時間軸では、魔女に襲われていた自身を助けてくれた魔法少女のまどかに憧れていた、病弱かつ引っ込み思案な少女だった。
しかし、そのまどかが「ワルプルギスの夜」との戦いで死亡したことから「鹿目まどかとの出会いをやり直し、彼女を守る私になりたい」という願いでキュゥべえと契約。「時間遡行」の能力を持った魔法少女となる。
その後、『まどかの悲劇的な最期』を阻止するため、何度も時を遡り、繰り返してきたことで、魔法少女の真実とキュゥべえの正体・目的を知る。
何度も同じ時間を繰り返していくうちに「他の魔法少女たちに真実を伝えて協力を求めてもまどかを救えない」という結論に至り、自分一人で全ての魔女と戦うことを決意する。


[性格]
一見すると寡黙でクールな性格だが、これは演技らしく、その本質は一言で言ってしまえば不器用。
他者とのコミュニケーションに関しても、相手に誤解を与えかねない言動の多さから、それが後々に祟ることもしばしば。
また、他人に対して非情に接してはいるが、どこか根本的な優しさを捨てきれずにいる。
|