※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[名前]北条沙都子
[出展]ひぐらしのなく頃に
[声優]かないみか
[性別]女
[年齢]小学生
[一人称]私(わたくし) [二人称]呼び捨て、○○さん [三人称]あの人、あいつ
[参加者の呼称]
前原圭一→圭一さん
竜宮レナ→レナさん
園崎魅音→魅音さん
園崎詩音→詩音さん
古手梨花→梨花
鷹野三四→鷹野さん


祟殺し編のヒロインであり、アニメ第二期厄醒し編の主人公。
6月24日生まれで圭一の下級生。相手の動きを予測して巧みにトラップを仕掛けるというとんでもない趣味を持ち、「トラップマスター」の二つ名で呼ばれる。
その種類はイタズラから本格的なものまで様々で、到る所にトラップの散りばめられた裏山は彼女のテリトリーとなっている。
髪の色は金色であるが他のキャラ同様アニメ的な配色の結果であり、金髪というわけではない。ショートカットでカチューシャをつけている。
ちなみに嫌いな野菜はカボチャを始めとしてかなり多い。だが身体的発育は同年代と比べてもかなり進んでいる模様。
部活でのゲームスタイルは、言うまでも無くトラップを用いる戦いを得意としている。どのような状況でもトラップを使用でき、綿流し編では神経衰弱のカードを入れ替えるという荒業をこなした。
またトラップ設置の際は「相手の心理を読み取り、そこからとる行動を予測する」という手順が必要なため、それを生かす事で相手の行動を予測、裏をかいて欺くなどの戦術立案も得意としている。
いつも強がっているが、両親の不仲による確執、ダム賛同派の子供という村八分、両親死後に引き取られた叔父夫婦からの虐待、そして兄・悟史が突然の失踪など、本編中でも一二を争う不幸の運命を背負ってきた薄幸の少女と呼ぶべき存在。
兄が失踪した原因は自分が兄に甘えすぎた事にあると深く反省しており、自らが強くなるために努力をしている。
悟史に頭を撫でられる事を嬉しく思っているが、精神的に不安定な状態では叔父・鉄平に散々殴られた事によるトラウマの対象になっている。
実の親の結婚と離婚を繰り返しのストレスによって雛見沢症候群に罹り、L5の末期感染者となる。
沙都子のL5の症状は即錯乱状態になるタイプではなく、表面上はいつも通りに見える。しかしおぞましいほどの狂気を内面奥深くに隠しており、ちょっとしたきっかけで目を覚まし凶行に走る。
本編においては大分落ち着いてきているが、毎日薬(注射2本)を投与しないと発症してしまう。
なお彼女は自分が感染者であることを知らず、週に一度の検診も「生活費の援助を引き換えにした栄養剤実験の協力である」と古手梨花に言われており、自分の治療のためだということは知らない。


[能力]
趣味であるトラップの設置、使用する事の腕前に関しては子どもの仕業とは到底思えないようなレベルに到達している。
原作最終章「祭囃し編」、PS2版最終章「澪尽し編」においては黒幕である鷹野と小此木率いる山狗部隊を相手にした。その際裏山のトラップを生かした篭城戦を部活メンバーのみで行い、その結果文字通り「完膚なきまでに」叩き潰している。
このことから山狗のような「プロの部隊」さえも相手にできるシロモノという事が覗える。
「祭囃し編」では山狗駆逐後に裏山を現場検証した番犬部隊(自衛隊の特殊部隊)からもトラップが絶賛されており、部隊へのトラップの教授、そして部隊が年末に行う富士の樹海での実地訓練に使用するトラップの設置を依頼される場面も見られる。
運動神経が大変良く、兄の悟史がやっていた野球は大得意。
家事はどちらかといえば苦手で、特に料理の腕はブロッコリーとカリフラワーの区別が付かないほど。


[性格]
「〜ですわ」などといったお嬢様口調で話すがその口調には間違いが多く、喋っている本人は上品なつもりでも周囲には挑発的に聞こえる。
その口調や特技のせいで一見無茶苦茶な性格に見えるが、実際は仲間内で一番の常識人。
生意気盛りでことあるごとに圭一に対抗意識を燃やしてちょっかいを出すが、まだ幼いため逆に魅音や圭一にからかわれて泣いてしまうことも。
しかし負けず嫌いな上に懲りないので、決してめげることはない。圭一にツンデレであると分類され、ストーリーの落差が激しい本作を象徴するヒロインとして「ミスひぐらし」の称号を与えられる。
なお独特の口調やトラップを仕掛ける趣味は、誰かに構ってもらいたい気持ちと自立しようとする心の表れである。
|