※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[名前]剣流星(つるぎりゅうせい)
[出典]超人機メタルダー
[性別]男性型
[一人称]僕、俺 [二人称]君、あなた、お前(敵)

第二次世界大戦中に日本軍の起死回生のために古賀竜一郎博士によって作られた人造人間。
人間体の剣流星と、感情の高ぶりとともに変身するメタルダーとしての姿の二つの姿を持つ。
開発中から彼は封印され続けており、1987年に目覚めるまでは一切の知識がなく、自分がロボットであることさえ知らず、命の概念さえ知らなかった。
古賀博士がネロス帝国と戦うために起動してからは図書館などで調べた知識を全て我が物にし、様々な経験から学習データを成長させていく。
元になった人間は神風特攻隊で戦死した古賀博士の息子・古賀竜夫である。外見は全く同じで、彼と同じくバイオリンを弾くことができたりと、技能面でも彼の能力を引き継いでいる。
古賀博士によって戦闘回路と自省回路の二つを取り付けられており、戦闘回路は後述の戦闘能力を引き出しているが、自省回路は人を殺さない博愛精神がモトである。
ただし、目覚めた当初の彼は命の概念を持っておらず、通りすがった少女(舞)を囮にしてネロス帝国と戦ったりと、ヒーローらしからぬ行為も行う。一方で、そういった概念に目覚めるのも早く、小動物を見るとすぐに命の大切さを知ることができるようになった。

初登場時、いきなり大量の軍団員に襲われたうえ、クールギンとの一騎打ちに敗北というヒーロー史上異例の事態に見舞われた後、「風よ、雲よ、太陽よ、心あらば教えてくれ、何故、この世に生まれたのだ!」と自らの生を嘆く。
だがそのクールギンの攻撃からも生き残り、人の味方として戦うことを決めた彼は、スプリンガーや舞や八荒、トップガンダーといった友人やクールギン、バルスキーといったライバルを持って成長していく。
そして、最終的にネロスを倒した彼は超重力エネルギーが制御できなくなり、地球を巻き込んで爆発するのを待つこととなるが、八荒に自らのエネルギー装置を破壊を頼んで地球の危機を救おうとする。
親友の八荒も涙ながらにメタルダーのエネルギー装置を破壊し、地球を救うのだが、それは同時にメタルダーの死を意味していた。

「僕は生まれてきて良かった……」

メタルダーは再び彼らの目の前に現われ、そう残して去っていくのだった。


[能力]
身長:190cm(剣流星時は186cm)
体重:250kg(剣流星時は重力制御により100kg)
走力:100mを1.5秒(剣流星時は11秒)
ジャンプ力:150m
パンチ力:厚さ100mmの鉄板をぶち抜く
キック力:厚さ200mmの鉄柱をへし折る
制御:超重力制御。ベルトにある重力制御装置でメタルダーへと瞬転する他、流星の姿を制御している。
記憶力:空白だった42年間の歴史を図書館で調べて数分で埋められる。また、サッカーのビデオを見ただけで、コーチとしての能力を身につけられる。
聴覚:マルチイヤーにより、1km先の1デシベルの音も聴ける他、電波も受信できる。通信ユニットも内蔵。さらに、音波や電波を発信するネオサイクルサウンドも内蔵されており、特殊音波でイルカ等の動物と会話できる。
視覚:エレクトロアイにより、1.5km離れた場所のゴルフボールも見分ける。X線、赤外線、紫外線、冷熱反応、生体反応等のセンサーも持つ。ズームアップセンサーにより、拡大分析も可能。クリアレンズにより、粒子の隙間から壁の向こう側を見られる。記録用のコンパクトディスクもセットされている。
嗅覚:自然界の匂いに対するセンサーは人間と同等。薬物、金属と金属が摩滅して発する匂い、火薬等の匂いには高感度のセンサーを持つ。
握力:メタルクラッシュにより、硬い鉱物も粉々に砕く。パワー増幅システムを作動させる事により、さらに強力なパワーを発揮することも可能。
指:内蔵された鉄の爪・アイアンクローにより、険しい崖やビルもよじ登る。
足:裏に内蔵された真空吸着装置により、いかなる斜面も登れる。
メカ生体機能循環システム:背中に内蔵されており、人間に有害なガスを除去できる。生体維持装置に接続している。
赤・青・銀というカラーリングは、太平洋戦争の敵国であるアメリカ、イギリスの国旗をモチーフとしたもの。

バイオリン、サックスなどの楽器や、水泳、サッカーなどのスポーツも一通りできる模様。


[性格]
初期の時点ではまだ感情が目覚めておらず、敵を倒すために多少冷酷な行動もした。
ただし、基からある程度の感情はあったようで、古賀博士の死体を前に怒りを表すことも。
自省回路が働いているので人を殺すことはできず、また本人も他人を殺すことを善しとしない。

あらゆる人間らしい感情を得たがゆえ、敵が漢であると認めることも多い。家族のために戦ったヘドグロスや、己の思いを打ち明け散ったバルスキーなどには敬意を表し、
何度となく正々堂々勝負を交わしたクールギンが卑劣な手段を用いた際は「もう少しまともなやつだと思ってた」とこれに失望するような発言をしている。
逆にクロスランダーのような悪辣な敵や、己のために他人を利用し踏みにじるネロスなどを絶対に許さない。
|