※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[名前]千樹憐(せんじゅれん)
[出典]ウルトラマンネクサス
[性別]男
[年齢]17歳
[一人称]俺 [二人称]おまえ(女性は「君」だったり…)、孤門は苗字呼び捨てだが、瑞生などは下

ネクサスのサードデュナミスト。そのためTLTでは「ザ・サード」と呼ばれる。
アメリカ・ダラス出身の少年で、その正体は優秀なDNAの優秀な部分のみを組み合わせたDNAから生まれた「プロメテの子」という天才児のひとり。
ただし、彼は遺伝子に欠陥があり、「ラファエル」という特効薬を服用しなければ16~17歳で死亡する運命にあった。それゆえに「いつ死んでもいい」と考え始め、防御や回避をしない攻撃のみの戦闘をすることが多い。
瑞生に出会い、互いに惹かれあっていく。だが、それは彼女を悲しませるだけだと考え、彼女の記憶を消そうとまで考えた事がある(出会ったばかりの頃も憐は瑞生に惚れていたようなシーンがたまにあった)。
TLTの吉良沢優(彼もまたプロメテの子)とは施設の寮で一ヶ月だけ共に暮らしていた事があるため、結構仲がよい。
また、一度だけTLTに人体実験させられうかけるが、ナイトレイダーがTLTを裏切って彼を救出した。
そして、36話で凪に「生きるために戦いなさい」と諭され、今までの「いつ死んでもいい」という考え方を捨てて変身。イズマエルを倒すと、ネクサスの光を凪につなげる。
変身が解除された彼は苦しみ出し、そのまま病院に運ばれた。それとほぼ同時期にラファエルは完成し、見事完治。最終回では元気そうに自転車を漕いでいた。
自分が戦い抜いたのは、孤門一輝のお陰だと言い残す。


[性格]
とても明るく社交的だが、時に暗くなるとき(瑞生にラファエルについて聞かれた時)がある。
登場からしばらくは、自分の命が長くない事を知っているため、いつ死んでもいいというやや投げやりな考えを持っている。
また、「プロメテの子」の施設ではこっそり抜け出して海を見に行くなど、前向きなので気にいらない人間には逆らうこともする。


[能力]
ウルトラマンネクサスに変身できるサードデュナミスト。
その出生ゆえ高い頭脳を持ち、運動能力も高い。遺伝子についてや、海洋学についても特に詳しい。
遊園地ではタコヤキを焼くバイトをしていたので、タコヤキが焼ける。
|