※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それは正夢ですか?



隣のエリアの温泉を目指し、君島邦彦と李紅蘭は足を進める。
そして、ここにいるのは君島と紅蘭の二人だけではない。
藤宮炎という気絶した少年が前者に背負われていた。

「そういえば、君島はんの知り合いはここに連れて来られてないんか?」
「それなら二人いる。カズマって奴と由詑かなみって女の子だ。
 ビッグバンとかいう野朗がいた場所で確かに見た」

情報を求められ、君島は二人の知り合いが参加していることを教える。
更に、カズマと由詑かなみのことを話し出す。
カズマは親友であり、『殺し合え』と言われて従うタイプではないことを。
由詑かなみは普通の女の子であり、何の力も持っていないということを。

「その二人は信用できるみたいやな」
「ああ。それよりも紅蘭の仲間はいないのか?」
「ウチの仲間は大神一郎、真宮寺さくら、神崎すみれ、マリア・タチバナ、
イリス・シャトーブリアン、桐島カンナの六人や。みんな殺し合いに乗るような人間やない」
「ずいぶんと多いな」

お互いに、人物の情報を交換している間に目的地が見えてきた。
二人は温泉の中へと足を踏み入れる。
まず、君島が背負っている少年を寝室に運ばなければいけない。
建物は二階立てになっており、今いる一階にはリビングとバルコニーがある。
どうやら寝室は二階にあるようだ。

階段を登りながら二階に到達し、部屋の中へと入り込む。
周囲の物を見てみると椅子やテーブル、テレビやベッドがある。
君島は背負っている少年をベッドに寝かし付けた。

「今はこいつが目を覚ますのを待つしかないな」
「せやな。それと君島はん、ウチは風呂に入ってきてええか?
 汗かいて気持ち悪いねん」
「別に構わないけど」
「ありがとな。ウチが風呂から上がったら、こいつが起きてからどないするか相談しましょ」

【1日目 黎明/A-8 温泉 二階廊下】

【李紅蘭@サクラ大戦】
【状態】健康
【装備】紅蘭特製の煙玉(一消費)@サクラ大戦
【道具】基本支給品一式、レナの鉈@ひぐらしのなく頃に、ロープ
【思考・状況】
基本行動方針:打倒主催者。
0:風呂に入って汗を流す。
1:風呂から上がったら君島とこれからのことを相談する。
2:首輪の解除。
3:君島と一緒に行動する。
4:自律機械(メタルダー勢など)と会いたい。
5:浅倉を警戒。
※ スクライドの参加者(カズマ、由詑かなみ)について知りました。


斧で顔面を切り裂かれ、絶叫を上げながら顔を押さえて倒れ込む。
指の隙間から、そんな俺を笑う金髪の男の姿が見える。
苦しんでいる間にも男は再び俺に斧を振り降ろそうとしていた。

「やめろっ! やめてくれぇぇぇぇぇぇぇっ!!」

男、藤宮炎は大声を出しながら飛び起きた。
あの浅倉威が夢の中にまで現れるとは思わなかった。
この夢が正夢でないことを願うばかりだ。
周囲を見回してみると、駆け抜けた森ではなくどこかの部屋の中。
つまり、誰かが気絶した自分を運んでくれたということになる。
部屋の中でも藤宮の注目を引いたのは一人の男の姿であった。

「大丈夫か? すっげえ魘されてたけど…」

【1日目 黎明/A-8 温泉 二階寝室】

【君島邦彦@スクライド】
【状態】疲労(小)
【装備】なし
【道具】基本支給品一式、蝶ネクタイ型変声機@名探偵コナン、ラウズアブゾーバー@仮面ライダー剣
【思考・状況】
基本行動方針:打倒主催者。
1:後で紅蘭とこれからのことを相談する。
2:紅蘭と一緒に行動する。
3:浅倉を警戒。
※サクラ大戦の参加者の情報を得ました。

【藤宮炎@ヒーローズオペレーションF】
【状態】睡眠で疲労回復 強いストレス、浅倉への強いトラウマ、罪悪感
【装備】不明
【道具】基本支給品一式、ランダム支給品1~3
【思考・状況】
基本行動方針:死にたくない。
1:この人(君島)が俺を助けてくれたのか?
2:浅倉への強い恐怖と、人を傷つけた罪悪感。
3;できれば浅倉とは二度と会いたくない。
4:あのロボットは……。

045:Black × Black 投下順 047:等価交換
045:Black × Black 時系列順 047:等価交換
010:罪と罰 君島邦彦 051:温泉ウォーアイニー
010:罪と罰 李紅蘭 051:温泉ウォーアイニー
010:罪と罰 藤宮炎 051:温泉ウォーアイニー
|