譜面作り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




BMS公開に必要な譜面


最低限公開に必要な譜面はSPのNORMAL、HYPER、ANOTHERの3譜面です。
必ずこの3譜面は作成するべきです。

この3譜面に加えて必要に応じてSP高難易度譜面、DP譜面等を
追加すると考えておけば問題有りません。



難易度の目安


2DXの譜面が公開されています。

私はこちらに公開されている譜面のノート数、
実際に叩いた感触で難易度を設定しています。

製作者と初見のプレイヤーでは難易度の感覚が違う為、
大概の場合は感じた難易度より1段階上の難易度を設定すれば
適切な難易度となるように思えます。




良譜面の作り方


一般に良譜面とされるセオリーが有ります。

  • 音階をなるべく無視しない事
  • キック、スネア等、ドラムパートのキー配置が頻繁に移動しない事
  • 叩きやすく、光らせやすい事
  • LNがプレイサイドによって取りにくくならない事
  • 表記している難易度と比べて著しく譜面の難易度が高くない事

しかし、曲に合った面白い譜面を製作するには
研究が必要となります。インプレ等を参考に面白い譜面を考えてください。

友人の差分製作者、音ゲーマーに依頼するのも手です。