津田勇太


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【性別】

【読み方】
つだゆうた

【生年月日】
10月4日

【登場作品】
マウンド

【初出】
四話

【解説】
影野光輝の入部した際の三年生だった会田高校野球部員。
1年対2、3年連合チームの試合の際には先発で出場する。
最速138キロのストレートと、切れのあるカーブを武器とし、ストレートとカーブの低めのコンビネーションで三振を奪うピッチングを主体とする。
スタミナが無いため、短いイニングしか任せられないが、短いイニングの球威は大学野球のスカウトが目を見張るものを持っている。

影野光輝の一年の夏の大会では、エースナンバーはもらえなかったが、ベンチ入り。
立教大宮高校との試合では先発を任される。
しかし二回に相手の四番品川友治にツーベースヒットを打たれてからは、ペースを崩し二者連続フォアボールで満塁にしてしまう。
ここで頭に血が上り、七番の熊八木茂雄にホームランを打たれて降板する。

【元ネタ】
特に無し

【守備位置】
投手

【投打】
右投げ右打ち
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。