鴻巣栄治


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【性別】

【読み方】
こうのすえいじ

【生年月日】
6月2日

【登場作品】
マウンド

【初出】
三話

【解説】
影野光輝と同じ年の会田高校野球部に入部した。
卒業した畑本東中学校の野球部は部員6名しかいなかった。

一年生ながら140キロの豪速球を投げる速球派右腕で、一年目の夏から背番号10をもらってベンチ入りを果たす。
打撃センスにも目を見張るものがあり、立教大宮高校との試合では9番レフトで出場し、ホームランを放つなど、センスを遺憾なく発揮する。
夏合宿を経て、球速は10キロ増しの150キロになるなど、まさに怪物として成長を遂げ、一年の秋には背番号1を貰う。
二年の夏の四回戦の相手所沢南高校戦で自己最速の151キロを記録する。
スライダーとフォークが投げれる。
また全力投球のほうが制球力がよくなる。

その素質の高さから、次期エースとして期待されていたが、秋の関東大会の日光光来高校戦で、相手のエース乱堂極のピンボールが左肩の鎖骨に直撃し、しばらくの間練習が出来ず、復帰するまで長くかかった。

影野に対して、異様な敵意を持っている。

【元ネタ】
名字は、埼玉県にある鴻巣市から。
名前は、沢村栄治の栄治から来ている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。