安芸修吾


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【性別】

【読み方】
あきしゅうご

【生年月日】
3月28日

【登場作品】
マウンド

【初出】
六十八話

【解説】
三郷中央高校に在籍する生徒。登場時は一年生だった。
生まれは大阪で、肥和中学校を卒業している。
中学校時代から強肩で、とある事情から投手を経験。変化球も投げれず、コントロールも悪かったが、130キロ後半のストレートを投げれると言う怪物じみた肩を誇り、その凄さから「中学生離れした強肩」と言われていた。
全国大会に出場しており、佐津間龍太郎と対戦したことがあり、そのときは三打席連続三振に抑えこまれている。
高校の野球部に入部した当初から、最速139キロを記録していた。
会田高校戦で制球が定まらず、そのまま自滅してしまい、コールド負けのきっかけを作ってしまい、悔しさから涙を流し、同時に藤清水正和に対して、果たし状を叩きつける。

二年生になると、練習試合で会田高校と再び対戦。
最速150キロ近い伸びのある速球と、新しく覚えたスライダーとカーブを武器に会田高校を苦しめたが、強敵を相手にしてきた会田高校打線を抑えきれず、3対1で敗れる。

【元ネタ】
昔の日本にあった安芸国から
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。