喜田大


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【性別】

【読み方】
きだまさる

【生年月日】
4月18日

【登場作品】
マウンド

【初出】
三十九話

【解説】
朝霞南高校に在籍。影野光輝の一つ年上。
四番菊田賢太郎、五番板倉敦と共に「不動のクリーンナップ」といわれている。三番サード。
一発に期待は出来るが、凡打も多く打率が悪い。

野球を始めたのは中学二年生の後半。それまでは朝霞南中一のワルなどと言われていた。きっかけは無二の親友である奥山宏明が野球部に居たから。
握力は中学二年生で40を軽く越しているなど、パワーに自信があり、まともなスイングが出来ぬまま、生まれて初めての打席でホームランを打つなど、馬鹿げたパワーを誇る。
それ以来、野球に熱を入れ、三年生になる頃には不動の四番打者に君臨。県大会出場の原動力となる。

その後、奥山と共に朝霞南高校に入学。
監督の沼田幸一に素質を見抜かれ、一年目からクリーンナップ入りを果たし、公式戦初打席ではホームランを放つ。
二年の夏には四番を任され、朝霞南高校史上初のレフト、センター、ライト方向にホームランを放つ。

【元ネタ】
特に無し
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。