プログラム メモ

Win32API > 関数 > ShowWindow()


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

指定されたウィンドウの表示状態を設定する。

BOOL ShowWindow(
	HWND hWnd,     //#1 ウィンドウのハンドル
	int nCmdShow   // 表示状態
);

引数

#1 hWnd

 設定するウィンドウハンドルを指定する。

#2 nCmdShow

 以下の識別子からウィンドウの表示方法を指定する。

SW_HIDE ウィンドウを非表示にし、他のウィンドウをアクティブにします。
SW_MAXIMIZE ウィンドウを最大化します。
SW_MINIMIZE ウィンドウを最小化し、Z オーダーが次のトップレベルウィンドウをアクティブにします。
SW_RESTORE ウィンドウをアクティブにして表示します。最小化または最大化されていたウィンドウは、元の位置とサイズに戻ります。最小化されているウィンドウを元に戻す場合は、このフラグをセットします。
SW_SHOW ウィンドウをアクティブにして、現在の位置とサイズで表示します。
SW_SHOWDEFAULT アプリケーションを起動したプログラムが 関数に渡した 構造体で指定された SW_ フラグに従って表示状態を設定します。
SW_SHOWMAXIMIZED ウィンドウをアクティブにして、最大化します。
SW_SHOWMINIMIZED ウィンドウをアクティブにして、最小化します。
SW_SHOWMINNOACTIVE ウィンドウを最小化します。
SW_SHOWMINIMIZED と似ていますが、この値を指定した場合は、ウィンドウはアクティブ化されません。
SW_SHOWNA ウィンドウを現在のサイズと位置で表示します。
SW_SHOW と似ていますが、この値を指定した場合は、ウィンドウはアクティブ化されません。
SW_SHOWNOACTIVATE ウィンドウを直前の位置とサイズで表示します。
SW_SHOWNORMAL と似ていますが、この値を指定した場合は、ウィンドウはアクティブ化されません。
SW_SHOWNORMAL ウィンドウをアクティブにして表示します。ウィンドウが最小化または最大化されていた場合は、その位置とサイズを元に戻します。初めてウィンドウを表示するときには、このフラグを指定してください。

戻り値

 ウィンドウが以前から表示されていた場合は、0 以外が返る。

 ウィンドウが以前は非表示だった場合は、0 が返る。

更新履歴

取得中です。