プログラム メモ

Win32API > 関数 > LoadCursor()


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HCURSOR LoadCursor(
	HINSTANCE	hInstance,		//#1 アプリケーションインスタンスのハンドル
	LPCTSTR		lpCursorName	//#2 リソース名の文字列またはリソース識別子
);

引数

#1 hInstance

 定義済みマウスカーソルを取得する場合、NULLを指定する。
 カスタムマウスカーソルをロードする場合、アプリケーションのインスタンスハンドルを指定する。

#2 lpIconName

 定義済みマウスカーソルの場合、以下の識別子を指定する。

IDC_APPSTARTING 標準の矢印カーソルと小さい砂時計カーソル
IDC_ARROW 標準の矢印カーソル
IDC_CROSS 十字カーソル
IDC_HAND Windows 2000:ハンドカーソル
IDC_HELP 矢印と疑問符
IDC_IBEAM アイビーム( 縦線)カーソル
IDC_ICON バージョンが 4.0 以降(Windows NT 4.0 以降)とマークされたアプリケーションでは使われていません。
IDC_NO 禁止カーソル( 円に左上から右下への斜線)
IDC_SIZE バージョンが 4.0 以降(Windows NT 4.0 以降)とマークされたアプリケーションでは使われていません。代わりに IDC_SIZEALL を使ってください。
IDC_SIZEALL 4 方向の矢印カーソル
IDC_SIZENESW 右上と左下を指す両方向矢印カーソル
IDC_SIZENS 上下を指す両方向矢印カーソル
IDC_SIZENWSE 左上と右下を指す両方向矢印カーソル
IDC_SIZEWE 左右を指す両方向矢印カーソル
IDC_UPARROW 上を指す垂直の矢印カーソル
IDC_WAIT 砂時計カーソル

戻り値

 新しくロードされたマウスカーソルのハンドルが返る。
 失敗した場合NULLが返る。

更新履歴

取得中です。