プログラム メモ

Win32API > 関数 > LoadIcon()


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HICON LoadIcon(
	HINSTANCE hInstance,	//#1 アプリケーションインスタンスのハンドル
	LPCTSTR lpIconName		//#2 リソース名の文字列またはリソース識別子
);

引数

#1 hInstance

 定義済みアイコンを取得する場合、NULLを指定する。
 カスタムアイコンをロードする場合、アプリケーションのインスタンスハンドルを指定する。

#2 lpIconName

 定義済みアイコンの場合、以下の識別子を指定する。

IDI_APPLICATION 既定のアプリケーションアイコン
IDI_ASTERISK IDI_INFORMATION と同じです
IDI_ERROR ストップマークのアイコン(米国の歩行者用信号の赤と同じで、手を開いて制止しているデザインです)
IDI_EXCLAMATION IDI_WARNING と同じです
IDI_HAND IDI_ERROR と同じです
IDI_INFORMATION 情報アイコン(吹き出しの中に i の文字)
IDI_QUESTION 疑問符のアイコン
IDI_WARNING 感嘆符のアイコン
IDI_WINLOGO Windows ロゴのアイコン

戻り値

 新しくロードされたアイコンのハンドルが返る。
 失敗した場合NULLが返る。

更新履歴

取得中です。