※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マジかるマッパー千鶴ちゃん

【性別(男性/女性/両性/無性)】:女
【学年(1年/2年/3年/その他)】:その他(国土地理院所属)
【所持武器】:魔筆「曼珠沙華」
【攻撃力】:6
【防御力】:15
【体力】:6
【精神力】:3
【FS名】:交通渋滞
【FS】:0

特殊能力 Take the "A" train 発動率44%

【 特殊能力内容】:
効果1 体力5ダメ 60
対象 隣接2マス一人 1.6倍
時間 一瞬 1倍
制約なし +10
魔法少女 +30

100-60×1.6+10+30=44%

建物に地図記号を書き込むとその建物の属性が変更される能力。
消防署の地図記号を書けば周囲で火が消えやすくなり。
警察署の地図記号を書き込めばその場所は警察署となり周囲の犯罪率はデータとして下がる。
地面に茶畑を書き込めば市場に茶が流通する。
道路を線路化すればそこを電車が走る事になるだろう。
魔筆「曼珠沙華」を使って生み出された線路の地図記号を走行する列車で相手を引き殺す。
能力発動の瞬間に線路を列車が走るかどうかはダイヤ次第なので発動率は低めだったが魔法少女化した事でかなり侮れない確率で列車が突っ込んでくる。

キャラクター説明

「四千万歩の男」異能忠敬が率いる国土地理院「都市整美局」の暗殺者。
国土地理院所属の地図使い(マッパ―)の中でも特に優れた上位地図使い(ハイマッパ―)の一人。
地図記号を操る能力者で、地図記号の意味を抽象化し現実に反映する能力を持つ。
地図記号とは元々、地図に家紋を書き込んで大名や旗本の家を識別したのが始まりとされる。家紋にはヨーロッパにおける紋章学(ヘラルディ)と同じくそれぞれ意味を持つ模様であり、それを応用した技術こそが家紋道(カモンドー)と呼ばれる戦闘技術である。
近年カモンドーは世界へと広がり家紋アーツの名で健康法としてアメリカでブームとなった事は有名である。

都市構造を記号と数値としてしか見ないシムシティアンで日本から交通渋滞を無くすために道路という道路を線路化する夢をかなえる為に魔法少女となった。
地図の美しさを重視する他の地図使い(マッパー)からは毛嫌いされている。