|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

NTSC信号出力

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NTSCのコンポジット信号には、垂直同期信号、水平同期信号、輝度信号、色差信号x2などが一つの信号線に全て詰まっています。


ネット上だと、輝度信号のみを再現し、ゲームなどを作っている方がいますが、マイコンのみで「カラー」信号を作っている人は稀です。

ということでやってみました。


回路図

  • 回路は、いたって簡単です。8bitのD/A変換を抵抗ラダ―で作って、14.31818MHzの周期で出力ています。

プログラム

実は、一番大変だったのがプログラムです。少しでもタイミングがずれると、カラーではなくなってしまうからです。

おまけ:消費電力

dsPIC30シリーズをガチでぶん回す(14.31818*8で114.54544MHz)と大変な電力が消費される
ことがわかりました。ポートの出力段がラダ―抵抗だというのも効いているかと思います。




添付ファイル

メニュー




リンク


更新履歴

取得中です。



アクセス

今日は、 -
今まで、 -
昨日は、 -