山城ポン

字牌以外の牌を鳴く事である。

山城さんが頻繁にポンやチーをすることから付けられた。



ある王国の神話よりこのような物語がある。

ワレハ麻雀ノ統ベル王ナリ
ワレヘノ挑戦者ハ全テワレノ麻雀ノ前ニ平伏シタ
ワレハドノ局デモ確実ニ役満ヲアガレルユエ仕方ナイダロウ

アル日戦艦山城ト名乗ルモノワレニ挑戦スル
ワレハ得意ノ役満麻雀ニヨリ平伏シテクレヨウト思ッテイタ

ダガ山城ハ今マデの挑戦者ト何カガ違ッタ
ワレハマズ大三元ヲアガロウトシタ
ダガ戦艦山城ハ流レル川ノヨウニ次々ト「チー」「ポン」ト叫ンダ
ソシテアットイウ間ニツモラレテシマッタ

次モマタ次モソレガ続キ
ワレハ一度モアガレズ負ケテシマッタ
ワレハ王位ヲ戦艦山城ニ譲ロウトシタガ

戦艦山城ハ「私ニ王位ナド似合イマセヌ、マタ異郷ノ地ニテ麻雀ヲシタイノデ」
トイイドコカヘ去ッテイッタ

ソノ後、王ノ威厳ガナクナッタワレノ国は滅ビタノデアル ※頭の中より引用


これはかの有名な、カンポンチー帝国が滅びた時の神話である。
もしかすると、ここに出てくる戦艦山城という人物が私達が知っている戦艦山城Ⅱなのかもしれない。

つまり、山城ポンは歴史すらも塗り替えてしまうほどの脅威の技なのだ。
そして何より・・・害悪である

参考:7EBF8B-04F226-E4688D ポン、カン、もろ乗りとカオスな状態に
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。