命牌は殺しの霊歌

命牌(いのちぱい)は殺しの霊歌(うた)


 原作    梶川良  
 作画    森義一  
掲載誌  漫画天国?漫画ギャンブルパンチ漫画キック? 
話数 全4話

あらすじ

背に舞う不死鳥の彫りものに似て男の過去は悲壮だった! 妻殺しという冤罪を晴らさんが為に男は殺しの麻雀を打(ぶ)つ! そしてその果てしなき無頼打(ぶ)ちの行方には!? 本編ほか「雀ぶらあ情話」五編収録(表2より)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付
バンブーコミックス 竹書房 B6 全1巻 1976年9月30日初版 1976年12月20日2版

備考

  • 表題作全4話(漫画天国75年8月ごろ掲載)のほか、「雀ぶらあ情話」全5話(「つもり屋天使」「みれん牌」(漫画天国76年2月19日号掲載)「監獄地和」(漫画ギャンブルパンチ76年1月号(創刊号)掲載)「早手の三九郎」「白い顔の雀鬼」(漫画キック76年4月1日号掲載))を収録。