風に吹かれて

放浪(さすらい)の雀姫(おんな) 風に吹かれて


 作画    新地陵平?  
掲載誌 週刊漫画サンデー?96年~98年連載
話数 全22話

あらすじ

大型バイクを乗りこなし、颯爽と旅を続ける孤独な美女・花祭由姫。ロングコートを羽織った肉体は艶めかしいが、誰にも笑顔を見せようとはせず、ただ風のように通り過ぎる。彼女こそ「一和了の雀姫」と噂され、いまだ負けを知らない凄腕の雀士であった。ヤクザが絡む大勝負でも打ち筋を乱さず、常にあざやかな闘牌を繰り広げる由姫は、どこまで無敗伝説を続けるのか!? 東北人の人情がからむ『二度負け』や、沖縄人の誇りを背負った『島唄』など六つの名勝負を収録。女勝負師をシャープに描く麻雀コミック、第1巻(全2巻)!!(コミックターミナル1巻紹介ページより)
無敗の打ち手として、裏社会からも一目おかれている花祭由姫。彼女は常に淡々と牌を握り、一陣の風と共に勝利をおさめてきた。代打ちの依頼を受けフェリーで苫小牧に向かった由姫は、対戦相手が「北の玄武」の異名を持つ玄田武造であると知る。玄田は勝負のために俗世の全てを捨て、鬼気迫る形相で決戦の日を迎えた。飄々とした由姫の闘牌スタイルは、この強敵に通用するのか!? 勝負師の業を描く『風来坊』など、五つの壮絶な戦いを収録。孤高の女雀士が活躍する麻雀コミック、第2巻(全2巻)!! (コミックターミナル2巻紹介ページより)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
マンサンコミックス 実業之日本社 B6 全2巻 1巻・1998年5月24日初版 2巻・1998年11月29日初版 風に吹かれて 第1巻―放浪の雀姫 (マンサンコミックス)