サラリーマン雀鬼

サラリーマン雀鬼

 原作    小島武夫  
 脚本    三輪洋平?  
 作画    北山茂樹  
掲載誌 週刊漫画ゴラク?増刊73年ごろ掲載?
話数 全8話

あらすじ

取引先の会社が手形詐欺にあって倒産した。パクリ屋の策略であった。商社のサラリーマンで、プロ顔負けの腕を持つ梶原は、パクリ屋のボスを巨額のレートの麻雀にひきずりこみ、ひと泡ふかせてやることをたくらむ。負けられない勝負、いわば仇討ち麻雀だったが――。(表2より)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付
TOEN COMICS 桃園書房 B6 全1巻 1976年11月1日初版

備考