藤子不二雄Aブラックユーモア短篇集

藤子不二雄Aブラックユーモア短篇集


 作画    藤子不二雄A?  
話数 短編集

あらすじ

ひとつミョーな漫画を描いて,人をおもしろがらせてみたい!…という著者が長年かきためてきた怪奇・恐怖漫画の集大成。日常生活の中にひそむ人間の陰の部分に光をあててみた作品群(中央公論新社愛蔵版1巻書籍詳細ページより)

概要

著者のいわゆる“ブラックユーモア短編”を集成した選集。収録作のうち「魔雀」(『ヤングコミック?』1970年1月13日号掲載)、「無邪気な賭博師」(『ヤングコミック』1972年6月28日号掲載)、「一本道の男」(『ヤングコミック』1973年2月14日号掲載、初出および中公愛蔵版の題名は「盲滅法の男」)の3編が麻雀もの。愛蔵版では2巻『ぶきみな5週間』、文庫版では1巻に3編とも収録されている。

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
中公愛蔵版(『ブラックユーモア短篇集』) 中央公論社 A5 全3巻(不思議町怪奇通り・ぶきみな5週間・戯れ男) 1巻・1988年初版、2巻・1988年初版、3巻・1994年初版 藤子不二雄ブラックユーモア短篇集 (第1巻) 不思議町怪奇通り
中公文庫コミック版(『藤子不二雄Aブラックユーモア短篇集』) 中央公論新社 文庫判 全3巻 3巻とも1995年8月18日初版 藤子不二雄Aブラックユーモア短篇集 (1) (中公文庫―コミック版)

備考

  • 3編とも初出はすべて「藤子不二雄」名義。「藤子不二雄A」の「A」は正確には「○にA」である。
  • 文庫版は愛蔵版からのダイジェスト収録で、各巻の構成も変更されている。
  • 本書のほかにも、「魔雀」は『藤子不二雄Aのブラックユーモア1 黒イせぇるすまん』(小学館)に、「無邪気な賭博師」「一本道の男(盲滅法の男)」は『藤子不二雄Aのブラックユーモア2 無邪気な賭博師』(小学館)ほか複数の短編集に収録されているが、本項では3編同時に収録されている中央公論社版のみを取りあげた。