幻刻の門

幻刻(とき)の門 ~新撰組70's~


 作画    菊地昭夫?  
掲載誌 近代麻雀08年2月1日号~09年9月1日号連載
話数  不明 

あらすじ

麻雀ブーム真っ只中にタイムスリップしてしまった津田ナオト。彼の存在が歴史に、そしてあの"麻雀新撰組"に変化をもたらし、時代を加速させるー!!(竹書房公式サイト近代麻雀コミックス版ページより)
麻雀ブーム真っ只中にタイムスリップした津田ナオト。そこには憧れの阿佐田哲也や小島武夫の姿が…。当時には斬新なナオトの麻雀、そしてその存在が、歴史を加速させ、麻雀界、麻雀新撰組に変化をもたらす。そして時代と時代の狭間で揺れるナオト自身にも、波紋を広げていく。

現代の麻雀(スピード・確率・斬新)vs過去の麻雀(迷彩・魅了・緻密)
近代麻雀連載!伝説の作品!!
麻雀界の歴史に一石を投じた「幻刻の門」が完全単行本化!!(竹書房公式サイトバンブーコミックス版ページより)

単行本

レーベル名 出版社 版型 巻数 奥付 Amazon
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 未完2巻 1巻・2008年10月21日初版 2巻・2009年7月30日初版 幻刻の門 1―新撰組70’s (近代麻雀コミックス)
バンブーコミックス 竹書房 B6 全1巻 2012年9月10日初版 幻刻の麻雀 新撰組70’s (バンブー・コミックス)

備考

  • 近代麻雀コミックス版は17話まで収録。
  • バンブーコミックス版は『幻刻の麻雀』に改題し、最終回まで収録。ただし3・6・8・9・12・14・15話が未収録。