勝負星

勝負星


 原作    梶川良  
 作画    北野英明  
掲載誌 特選麻雀81年1月号~82年9月号連載
話数 未完22話

あらすじ

"天満の竜"と呼ばれる一色銀次郎は類いまれな強運の持ち主で、中学生ながらも無敵の麻雀を誇り、麻雀は運の勝負やで、とうそぶいて浪華の街を闊歩していたが……(1巻表2より)
無敵の麻雀を誇り、浪華の街を闊歩していた一色銀次郎は、"麻雀名人"神津恭之介に敗れ、弟子になるべく上京して門を叩いたが、口論の末に街へさまよい出た!!(2巻表2より)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
芳文社コミックス 芳文社 B6 未完2巻 1巻・1982年8月15日初版 2巻・1983年8月15日初版 勝負星 コミックセット [マーケットプレイスセット]

備考

  • 特選麻雀82年10月号には目次にあるも載っておらず、11月号で北野の事情により連載中断の告知。