白-HAKU-

白-HAKU-


 作画    渋沢さつき  
闘牌原作   馬場裕一  
掲載誌 別冊近代麻雀91年7月号~94年8月号連載
話数 全36話

あらすじ

無口な少年が見つけた熱き想い。卓上に広がる世界に少年は青春を懸けた。何にも染まらない、真っ白なままのHAKUを待つものは一体何だろうか?(竹書房公式サイトより)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 全4巻 1巻・1992年5月24日初版 4巻・1994年9月27日初版 白-HAKU- 全4巻完結 (近代麻雀コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

備考

  • 1~18話(単行本1・2巻)が第1部、19~36話(単行本3・4巻)が第2部(連載時のタイトルは「白-HAKU-2」。第1部の数年後が舞台)となる。
  • スピンオフ作品に『黒の男』が、続編に「白 NEXT GENERATION」がある。