殺気ゆえ

殺気ゆえ 遠くから呼ぶ声あり


 原作    不動チカラ?  
 作画    木村直巳  
掲載誌 近代麻雀ゴールド96年7月号~98年2月号連載
話数 全20話

あらすじ

「海辺の殺人者」「この世に存在しない牌」の夢をみる男・深見は超高レート麻雀賭場で心理カウンセラー・沼辺と出会う。「自分が何者か」を知るために沼辺と関わる深見は…。(竹書房公式サイト上巻紹介ページより)
沼辺の導きにより、ついに「海辺の殺人者」と対面することとなった深見。地下シェルターで究極の最終勝負が始まる…!!(竹書房公式サイト下巻紹介ページより)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 全2巻 1・2巻共に1998年8月7日初版 殺気ゆえ 遠くから呼ぶ声あり コミックセット [マーケットプレイスセット]

備考

不動チカラは狩撫麻礼の別PNと言われている。