根こそぎフランケン

根こそぎフランケン


 作画    押川雲太朗  
掲載誌 近代麻雀オリジナル95年1月号~00年1月号・近代麻雀00年連載
話数 全70話

あらすじ

かつては無敵の勝負師だったが、勝ち過ぎたが故に周囲の恨みを買って全財産を失い、それ以来ちんけな麻雀を打って口に糊していた竹井。彼はある日、人間離れした強運と天衣無縫な性格の持ち主・フランケンに懐かれる。折しも、かつて竹井が経営していたが、部下の裏切りによって奪われたカジノバー「レネゲ」で、超高レートの麻雀大会が開かれようとしていた。竹井は、フランケンとコンビを組んで麻雀大会に乗り込むことに……。

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 全8巻 1巻・1996年12月18日初版 8巻・2001年3月17日初版 根こそぎフランケン 1 (近代麻雀コミックス)
バンブーコミックス 竹書房 B6 全2巻 1巻・2010年初版 麻雀知将伝 VSフランケン (バンブー・コミックス)

備考

  • 6話までが1話完結の連作、7~26話が「東京カジノ編」、27話~最終話が「世紀末ギャンブル黙示録編」。
  • 3巻巻末に読切「錆びた刀」(『ヤング麻雀?』96年2号掲載)を収録。
  • 「世紀末ギャンブル黙示録編」のみ、「麻雀知将伝」と改題してバンブーコミックスで発売。
  • 関連作品に竹井を主人公にした短編「フラッシュバック」前後編(『近代麻雀オリジナル』2003年9月号~10月号掲載)がある。
  • 本作のサブキャラ・ワニ蔵を主人公にしたスピンオフ『ダイナマイトダンディ』がある。
  • ダイナマイト麻雀』3巻に東京カジノ編のワニ蔵登場エピソードが9話収録されている。