極麻伝

麻雀仕掛人 極麻伝


 原作   土井泰昭 
 作画   岡村茂? 
掲載誌 MANGAオールマン?2002年1号~11号、13号~15号(最終号)
話数 全14話

あらすじ

勝てば天国、負ければ地獄。ポーカールールで勝負する究極の麻雀“極麻”。その極麻で無敗の天才雀士・鏡健太…通称“餓狼の健”!! 弱者を喰いものにする悪党に飢えた狼が牙を剥く!! 新・麻雀最強博徒伝説がついに登場!(集英社マンガネット1巻作品紹介より)

単行本

レーベル名 出版社 版型 巻数 奥付 Amazon
SCオールマン 集英社 B6 全2巻 1巻・2002年7月24日初版 極麻伝 全2巻完結 [マーケットプレイスセット]

備考

  • 点棒のかわりにチップを使う、ポーカールール式の麻雀“極麻(ごくま)”を題材にした作品。
  • 2巻巻末には読切「セメントBOY」を収録。