北の狼

北の狼


 作画    木村直巳  
闘牌原作   馬場裕一  
掲載誌 近代麻雀オリジナル88年3月~90年2月号連載
話数 全24話

あらすじ

「北の狼」と呼ばれる無敵の雀ゴロ その名は朝倉仁。刃傷ある魔性の右手で ひたすらに勝ち続ける。そんな仁に惚れ同棲をしたのが雪子。だが雪子には智という婚約者がいたのである。その智もまた天賦の才持つ雀士。雀界のパトロン松前の目に止まり 表舞台へ躍り出る。そんな折 雪子をきっかけに仁と智は運命的な出会いをする。奇しき縁の二人――いま 宿命の対決が始まる!(3巻表2より)

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 全3巻 1巻・1989年1月20日初版 2巻・1989年7月28日初版 3巻・1990年4月19日初版 北の狼 コミックセット [マーケットプレイスセット]

備考

闘牌原作は2・3巻のみ表記。