むこうぶち

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝


 作画    天獅子悦也?  
 原案    安藤満 (~12巻) 
掲載誌 近代麻雀オリジナル99年~00年1月号・近代麻雀00年2月~
話数 連載中

あらすじ

1980年代の日本は異様な好景気につつまれ、誰もが我を忘れてマネーゲームに高揚していた。
後に「バブル」と呼ばれる偽りの好景気である。
そしてこの時期、裏麻雀界におけるレートも史上最高額を迎えていた……。
あぶく銭を手にした成り上がりたちが、一夜の享楽に昂じる裏麻雀の世界。そこにあらゆる賭場で圧勝する謎の男・傀(カイ)がいた……。この男の獲物となった者で無傷でいられたものは誰もいない。
今宵も、欲にまみれた裏の世界の住人達に、傀の「御無礼」が宣告される……。(近代麻雀公式サイトより)

単行本

レーベル名 出版社 版型 巻数 奥付 Amazon
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 既刊30巻 1巻・2000年12月7日初版、30巻・2011年初版 むこうぶち―高レート裏麻雀列伝 (1)‾最新巻 (近代麻雀コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
バンブーコミックス 竹書房 B6 既刊7巻 2009年~2011年初版

備考

  • 2004年に安藤満が逝去したため、13巻以降は安藤の名前がクレジットされていない(以降の闘牌協力はケネス徳田?)。
  • バンブーコミックス版は『麻雀破壊神 傀』と改題。エピソードごとに再編してのダイジェスト収録。
  • アンソロジー『覇道・近代麻雀 伝説の激闘牌』に部分収録されている。
  • 2007年にニンテンドーDS・プレイステーション2用ゲームがリリースされた。
  • 2007年にVシネマ化。
  • スピンオフ作品に『EZAKI』がある。
  • 関連書に『何を切る!? 麻雀破壊神傀究極の一打』(2010年初版)がある。