帝王少年

帝王少年


 作画    中村光信?  
 協力    馬場裕一  
掲載誌 別冊近代麻雀90年9月号~92年ごろ連載
話数  不明 

あらすじ

凄腕の雀士である父親・筋道鉄則から虐げられ続ける小学生・筋道たろうは、家で飼われている雀犬ホエホエにその雀才を見出される。果たしてたろうは、ホエホエの考える通り、"20世紀末に東西南北を統一する伝説の麻雀打ち"「帝王少年」たる存在なのであろうか?

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付 Amazon
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 未完2巻 1巻・1992年6月29日初版 2巻・1992年10月11日初版 帝王少年 1 (近代麻雀コミックス)

備考

  • 単行本は20話まで収録。
  • 巻末に馬場裕一による解説を収録しているなど、レクチャー漫画の要素も入っている。
  • 続編に、たろうが生まれた頃を描く「凱風童子―麻雀界の光と影―」(VIRLMAN名義 「近代麻雀」03年連載・未完)あり。
  • 近代麻雀ゴールド92年7月号に「帝王少年外伝」掲載。